〈祝〉炭鉄港が日本遺産認定決定〈祝〉

〈令和元年5月20日(月)〉

本日以降の報道等でも随時取り上げられると思いますが、本日、ー本邦国策を北海道に観よ!ー 北の産業革命「炭鉄港」日本遺産に認定されました。

この岩見沢市にも日本遺産構成資産として、岩見沢レールセンター、朝日駅舎、操車場跡、そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターが使用している明治期の石蔵の4つが認定されました。

市内に日本遺産構成資産が出来たのは本当に誇らしいことです。

20190519092711214

さて、江戸末期から明治にかけてアジア諸国が欧米列強に侵略されていく中で、なぜ日本だけが侵略を免れ、独自の進化を遂げることができたのか?

この答えは明治日本の産業革命遺産-製鉄・製鋼、造船、石炭産業-に見ることができますが、それらとの深い繋がりの中で日本の経済成長を支えたのは、幕末期に薩摩の島津斉彬公の意思を礎とする北海道の産業革命であり、その中心は私たちの地域である空知の石炭、小樽の港、室蘭の港と製鋼、それらを繋いだ鉄道で構成する【炭鉄港】でした。

一見難しいその流れにおいて、世界遺産との正統な関係と、この炭鉄港が岩見沢にもたらす可能性等を「頭のあまり良くない私でもわかるように自分でまとめたセミナー」の動画がありますので、是非ご覧いただければ幸いです。

あまり上手には話せてないのですが、この動画を見ていただければきっと炭鉄港のイメージをつくれると思います。

tantesuko0325

https://www.youtube.com/watch?v=dtaAiQi99_0&feature=youtu.be

赤電補修作業の実施

〈令和元年5月20日投稿〉

昨日の19日(日)は、午前10時より岩見沢赤電保存会の公開補修作業日でした。

r10519

この赤電車は、何せ屋根なしで保存しているため、下記の理由で塗装の劣化が著しく、常に補修作業に追われています。

それでも個々の能力の高い(私以外)世話役のメンバーがそれぞれの力を発揮して保全にあたっています。

昨日はその作業日程を事前公開して、自由に誰でも作業に参加できる日でした。

私自身は別件があり午前中しかいられなかったのですが、何とか下地の塗装までは行った模様です。願わくば一度、ツギハギの塗装ではなく、きれいな全面塗装ができると良いのですが、資金的にもまだまだ遠い話になりそうです。

そして個人的なことをお話させていただくと、、

良く誤解されるのですが、私は実は鉄道ファンではありません。過去、たまたま岩見沢複合駅舎新築の時に「刻印レンガ」のプロジェクトに発足から関わったこと、また、岩見沢市観光振興ビジョンの「いわみざわ駅まる。」の発足、運営に携わったことなどから、鉄道に詳しいと思われがちですが、実は全くの鉄道素人です。

そういう面でも、この赤電保存会の代表という関わりは異色だったのですが、これは通常と異なり、元々決まっていた世話役会のメンバーの中に、あくまで飾り的な代表として招き入れていただいたこと。更には今期で2回目の会員更新期を迎えることから、いよいよ次の展開のためにも新たな代表を迎えて心機一転を図る時期に来ていると感じています。

そのあたり、明確に決まりましたらまたご案内させていただきます。いずれにせよ、この保存活動を末永く応援していただければ幸いです。

岩見沢市議会第20期の役職について

〈令和元年5月18日投稿〉

5月16日(木)13時より、令和元年岩見沢市議会第1回臨時会が開催されました。

主な付議事件は下図の通りです。

r10516

主なところでは、議長として同じ会派(市民クラブ)の篠原藤雄議員が当選。副議長は政和会の石黒武美議員が当選しました。

私自身といたしましては、主な役職として議会運営委員会の委員長という重責を担うこととなりました。是非、スムースで的確な議会運営はもちろんのこと、議長等と力を合わせた中で力強い議会改革を推進していきたいと考えています。

また議員全員が所属する常任委員会には、初となる民生常任委員会に所属することとなりました。他には桂沢水道企業団議会議員、広報広聴委員となることも決定いたしました。

改めてしっかりと務めさせていただきたく存じます。

取り急ぎご報告まで。

なかなか更新が滞っております。

〈令和元年5月12日投稿〉

前回の投稿が平成31年4月22日の当選報告でした。

気がつけば元号も平成から令和に変わり、日々あらゆることに追われてしまいブログの更新もままならず、本日に至った次第です。

とはいえ、まだまだ公式に出せる情報は少なく、会派構成が明確となり、我が市民クラブは12名の最大会派となったこと。またそれに伴い、私は幹事長代行の立場をいただき、各派交渉会等への参加もさせていただいたりと、色々と状況が変化しつつあります。

いよいよ5月16日には、13時から「令和元年岩見沢市議会第一回臨時会」が開催されます。

ここでは岩見沢市議会第20期の議長、副議長選挙、各委員会等等々の選任が行われ、いよいよ議員一人ひとりの役割も明確になってきます。

r1rinji

https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/3105382/

あらためて結果が確定したらご報告をさせていただきたく存じます。

また、現在日本遺産認定を目指している「炭鉄港」の結果も間近です。その結果いかんを問わず、北海道「炭鉄港」市町村議員連盟としても次のステップに向けた体制構築と方針等の確定を進めていかなくてはなりません。

選挙の後片付け等々も含め、まだまだやることに追われ続ける日程ですが、なんとかしっかりと全うしていきたいと思っています。

当選のご報告【速報】

〈平成31年4月22日投稿〉

今回の選挙戦において、皆様に多大なるご支援ご協力を賜りましたこと心より感謝申し上げます。

この度は身に余る得票数をいただき、あらためて身の引き締まる思いです。

それもこれも共に戦っていただけた後援会の皆様方、また地域の皆様、そして日頃の活動を支えてくれている皆様、またあらゆる角度から応援いただいている皆様のお陰でございます。

1回目の補欠選挙当選から約6年半。

日々手探りながら、少しはこれまでの地道な活動を評価していただけたのかもしれないと思うと大変嬉しく思います。

また、選挙の回数を重ねるごとに力強い仲間が増え、1回目より2回目、それよりも今回の3回目は本当に素晴らしい仲間、同志が選挙活動を支えてくれました。

取り急ぎご報告とさせていただき、詳しいご報告は後日しっかりとさせていただきたく存じます。

 

kaihyou

北海道新聞記事の補足について

〈平成31年4月18日投稿〉

今朝、北海道新聞の空知版に岩見沢市議会議員候補に対するアンケート一覧が掲載されました。

設問は以下の2つですが、回答は50文字以内とする意を尽くせぬ状況だったため、若干ではありますが補足をさせていただきます。

〈設問①〉 最も重視する政策と、その理由は?

〈回答〉住民サービスの低下等、人口減少起因課題は経済的補足が必要。よって地域価値の向上を軸とした経済循環強化(50文字)

と答えましたが、その意図としては、今後著しい人口減少に見舞われ(リンク)る中で、岩見沢市もあらゆる公共サービスが現在の水準で維持できなくなる可能性が高い。それを補うには財源が必要。逆に言えば財源があれば人口減少による悪影響をゆるやかにすることができる。よって、その財源確保として市内産業の育成や地域価値の向上を軸とした岩見沢市外からの外貨を稼ぐ仕組みが必要と考えます。

 

設問②〉 市は人口減少にどのように対応すべきだと考えるか?

〈回答〉空知の中核であり197万人都市が隣接する「地の利」を活かす人が巡る施策と、緩やかに縮む計画と意識の共有(48文字)

上記と同じく、社会福祉、医療、除排雪、インフラ更新等々、公共サービスを維持できる経済的根拠を確保するために、基幹産業である農業や空知のワイン等々の環境を活かし、なおかつ「炭鉄港」などとの多様な組み合わせで人が循環し経済が活性化する施策を推進すべき。また、国内全体を見た時に、移民等の外国人施策等の大きな変化が無い限りは人口の減少に歯止めをかけることは難しい。よって極力痛みなくまちを縮める準備と覚悟の共有を推進する必要があると考えます。

まだまだ言葉足らずではありますが、上記の様なイメージで回答させていただいています。

これらの裏付けは1月の活動報告会の動画でお話をさせていただいています。お時間ありましたらぜひ御覧ください。https://www.youtube.com/watch?v=JYdNct9zY1k&feature=youtu.be

私達は本当に厳しい時代を迎えようとしています。

その危機感をもって市政にあたって行きたいと考えております。何卒宜しくお願い申し上げます。

個人演説会のご案内

〈平成31年4月16日投稿〉

今回の個人演説会は5ヶ所を予定しています。

IMG_0866

■4月17日(水)
18時00分~ 北ふれあいセンター
18時30分~ 栄町会館

■4月18日(木)
18時00分~ 若松会館
18時30分~ 岩見沢生涯学習センターいわなび

■4月19日(金)
18時00分~ 西部連合会館


どなたでもご参加いただけます。
知人友人お誘い合わせの上、お気軽にお越しいただければ幸いです。


選挙期間中のタイムリーな情報はこちらのFBページをフォローいただければ幸いです。

https://www.facebook.com/hiranokouenkai/

無事に選挙戦が始まりました。

〈平成31年4月16日投稿〉

14日(日)無事に立候補の届け出を済ませ、出陣式並びに第一声を行わせていただきました。

DSCN1661

今回も前回に引き続き、極力連呼を抑えて数多くの辻立ちをすることに。したがって交通障害を少しでも抑制できる軽自動車での選挙カーとなっています。

(*前回選挙戦を振り返りhttps://hiranoyoshifumi.jp/2015/04/29/5080

56966730_2906760502697886_2490625120901529600_n

この二日間を終え、通算街頭演説回数は216回。

本日も9時より再開させていただきます。

期間中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦いただきたくお願い申し上げます。

尚、期間中のブログ更新は非常に難しいため、平野よしふみ後援会のfacebookページをご覧いただければ幸いです。

https://www.facebook.com/hiranokouenkai/

人口推移比較(全国、北海道、岩見沢)と今後への想い

〈平成31年4月13日投稿〉

現在、来週の個人演説会の根拠となる資料を作成中ですが、ちょっと脱線してブログ投稿。

jinkousuiihikaku

昨年公表された国立社会保障・人口問題研究所の今後の人口推移について少し記載します。

ここではわかりやすく、あくまで”単純割”であることを申し添えますが、岩見沢市は今後ほぼ毎月100人ずつ人口が減っていく推計となっています。実数として毎年約1,200人ずつ減っていくということは、人口に対する減少率が大きくなっていくということです。

参考までに2015年から2020年までの5年間での減少は5,908人で減少率は93%です。

Continue reading