除排雪に関するご意見(1月17日)

このように議員としてwebサイトを活用していると検索エンジンで知っていただけるのか、面識の無い方々からも様々な情報が私の元に寄せられます。

先日はこのようなメッセージをいただきました。(公に届いたものでありましたので、お名前をわからなくした中でご紹介させていただきます)


○○より

岩見沢市の除雪について。はっきり言って今年の除排雪は全くと言っていいくらい対応されてませんね。市長さんが当初公言していた「冬場の渋滞を無くす。」「公共バスの運休を無くす。」は今や口だけの誇大な表現という哀れな感じにしかありません。情けない限りです。街の中はパトロールしてるのですか?今現在も駅前から国道に向かっての駅前通り。6条通りと7条通りはザクザクで埋まってる車も有りました。1週間近くこの状況が続いているのですが対応はしないのですか?バンパーの割れた車もある様です。何もしない岩見沢市。ぶちギレそうです。早急にガタガタ道路を直す様、要請します。


それを受け、早速市内の主要部分を車で走ってみると・・。

やはり状況はかなり悪いのが事実でした。(↓の画像はまだ良い方ですが、車高の低い車では完全に下部が擦る状況です)

P1060330

その苦情に関する、私の返答としては、


○○様

お叱りのコメント恐縮です。
ここ1週間近くの大雪により、一気に道路の状況が悪くなってしまいました。これまでの豪雪だった過去2シーズンの教訓を活かし、大雪のピーク時に対応できうる除排雪体制を構築するのが理想と思いますが、それを実現するには膨大な金額が必要となります。現在置かれている岩見沢市の諸状況・予算規模等から考えると、どうしても現状程度の除排雪費というのが基本原則になると私自身は感じており、今後大幅に除排雪費用を増額するのは、岩見沢市の全体最適を考慮した場合の優先順位としては慎重な議論を要するものと感じています。また、そのような制約の中でも、新たな体制の挑戦、市の職員の意識改革、業者関係者の不断の努力というのは明らかに向上していると感じています。

ただし、あんしん安全の確保というのは何よりも優先すべき事でもあるため、市内幹線を中心に交通の安定確保を行うのが何よりも重要で、そういう面からもご指摘の6条や7条通りですら改善されていないというのは大きな問題であろうと考えます。

このザクザクやガタガタというのは、路肩に雪を積み上げる場所が不足することにより、路面を深く削ることができず、厚めに雪を残して除雪している結果と想像します(これから現地を確認してきたいと思います)。これを改善するには両脇に積まれている雪を運搬排雪することが急務であり、その排雪業務をスムースに行うためには、まずは雪捨場側の経路から進めなければ排雪ダンプがスムースに回転しないなどの様々な条件が発生します。また、それも連日大雪が降り続いたために、やった後から道路が狭くなっていくという悪い循環にも入っていってしまうこともあろうかと思います。

いずれにせよこれまでにくらべると、排雪に関しては明らかに回数も増えており、市からの市民向けの情報メールで受信する公の予告分だけでも本日は8路線、昨日は9路線等々と着実に進行しています。また、ダンプを使用せず、ロータリー車だけで拡幅・積み上げで路肩を拡げる作業も随時行われています。決してこれまでより作業が劣っているわけでも、改善されていない訳でも無いことだけはご理解いただければと思います。

かなりまとまった降雪量が連日降り続くというのは、やはり迅速な対応が叶わないことで、ある程度はやむを得ない状況であることは○○様もご理解いただいている上で、それを差し引いても堪忍袋の緒が切れそう。という状況かと存じますが、もう少し状況を見守っていただければ幸いです。

いずれにせよ、更なる改善を進めるというのは絶対的に必要な事であり、私も議員という立場において常にアンテナを高く上げ、快適で安全な市民生活が送れるよう市政に邁進していくことをお約束させていただきます。何分、言葉足らずかとは存じますが、より良い対応へ向けて善処していく所存ですので、今後ともご意見、アドバイス等頂けますよう宜しくお願い申し上げます。


という返答をさせていただきました。

メッセージを送っていただいた方の気持ちも良くわかるつもりです。言葉足らずの面もあり、この返答が果たして正解かどうかはわかりませんが、実際、巡回してみた路線のうち、かなり状況が深刻だった部分でも今朝には改善されている場所がありますので、何とかご理解をいただけるところにあるのではないかと想像します。

ただ、私も先日通った2条通りと、それに交差する道路では非常に深い穴が開いており、その脇には破損した車のパーツが落ちていました。除雪作業が終わった時には良好な状況であっても、その後の雪だしや、車両通行による状況変化等々があり、刻々と悪化していく場合があります。

そういったものに関しては、やはりパトロールを強化し、危険と見なされるところは予防も含め速やかに対応していく必要があります。それは除排雪対策本部も業者も十二分にわかっていることであり、先日の大雪の時にも大勢の担当が休み無しで対応しておりましたし、業者にしても、文字通り寝る間を削って作業し続けていた状況と思います。

ただ、安全の確保という基本原則に向けた努力を止めてはいけないので、そこは今一度認識を高めていただくことを期待していますし、私自身も種々活動を展開したいと考えています。

2 thoughts on “除排雪に関するご意見(1月17日)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください