新病院建設特別委員会が開催され、岩見沢市新病院建設基本計画(素案)が提示されました。

〈令和4年8月26日投稿〉

本年4月28日に特別委員会が開催され、新病院建設場所の決定を含め種々骨格が提示されました。その後、早いもので約4ヶ月が経過しています。

そして昨日、新病院建設特別委員会が開催され、新たに提示された「基本計画(素案)」について、種々質疑が行われました。

この基本計画(素案)は、短期間であったにも関わらず精度の高いものとして出てきた印象があります。しかし建設費を見ると、昨今の事情を含め344億円で試算されていることに驚きを隠せません。これだけ大規模なものを整備して、将来の岩見沢市に長短合わせてどの様な影響が生まれるのか、現時点においては私自身、なかなか明確な思考に至ることはできていません。

しかしながら、市民のあんしん安全、健康を担う拠点であり、南空知の中核病院という位置づけであるからには、それ相応の体制が必要なことは言うまでもないこととなります。

あらためて新病院の概要等は現在パブリックコメントの募集が行われていますので、下記リンク先で資料をダウンロード可能です。ぜひご確認いただきパブリックコメントをお寄せいただければと思います。

https://www.iwamizawa-hospital.jp/construction/details/03keikaku.html



■以下、現行2病院と新病院の比較として簡単に補足させていただきます。

病院の規模としては下記の様になります。

【病床数】
〈現行の市立病院〉484床(内訳:一般365、精神115、感染症4)
〈現行の労災病院〉199床(内訳:一般のみ)
〈新病院での計画〉462床(内訳:急性期一般310、HCU12、SCU6、緩和ケア20、回復期40、精神70、感染床4)

となり、現在は市立病院と労災病院を足して683床あるところを、より細分化して462床に減少することとなります。

〈*HCU=高度治療室/SCU=脳卒中集中治療室〉


【職員数(資料記載なし、私の委員会質問の答弁より)
〈現行の市立病院〉681名(内訳:正職員512名、非正規169名)
〈現行の労災病院〉285名(内訳:正職員285名、非正規66名)
〈新病院での計画〉979名(内訳:正職員791名、非正規188名)

とのことでした。
病床数は減るものの、職員の数は現状の2病院の合計より増えることとなります。
これは仕事の細分化であったり、より良い病院の在り方として積み上げられた数値です。しかし病床数が減る中で人員が増えてしまうことによる経営状況の懸念、現状でも看護師不足が言われる中、今後、今まで以上の人数を確保できるのかどうか心配されるところでもあります。


【標榜診療科】
下記の通り28科となります。(現行市立17科、労災13科)

(表:新病院基本計画(素案)P4ページより転載)

【延床面積(2月28日 岩見沢市立総合病院と北海道中央労災病院の今後のあり方検討委員会報告書より)

〈現行の市立病院〉30,931㎡
〈現行の労災病院〉24,600㎡
〈新病院での計画〉40,000㎡

となり、延床面積は両病院の合計の7割程度とコンパクトになります。

ぜひ、上記リンク先よりパブリックコメントの資料をご確認いただければと思います。



〈参考記載〉

今回の委員会における私の質問は下記の5項目となりました(概要のみ記載)。

1)経済性と環境に配慮した施設と掲げられているが、ZEB認証についてはどう考えているか。というのも閣議決定された第6次エネルギー基本計画においても、2030年度以降新築される建築物はZEB基準の性能を目指すと記載がある。ゼロカーボンの実現に向け、岩見沢市で最も大きな施設としてその指標となるべく、今後益々進展していくZEB認証は必要と考えるがどうか?

2)事業費の適正化(抑制)において、既存病院で使用しつつ、新病院にて新たに整備する医療機器等の重複購入について

3)人員配置について~前述の職員数(正規、非正規)について、また、人材不足が言われている中、令和10年度の時点でそれだけの職員を確保できるのか

4)整備手法について、ECI方式とあるが地元企業への配慮(JV構成や一次下請負発注額設定等々)はどのように考えているか

5)事業収支シミュレーションで開院後3年目以降は黒字化し、経営が安定する見込みとあるが、医療外収益の中に市の一般会計からの繰入も勘案されていると思うが、どのような想定になっているか。


岩見沢市立総合病院に関する過去の投稿はこちらからご覧いただけます。
https://hiranoyoshifumi.jp/%e5%b8%82%e7%ab%8b%e7%97%85%e9%99%a2

「新病院建設特別委員会が開催され、岩見沢市新病院建設基本計画(素案)が提示されました。」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください