炭鉄港カード! 目指せコンプリート!〈その17〉~小樽編~

〈令和2年8月17日投稿〉

その16より続く


小樽市総合博物館の入場の際、街中にある小樽市総合博物館〈運河館〉も入館できる券にしたため、そちらにも行ってみました。

こちらは入ると北前船がドドーンと打ち出され、他にも往年の小樽の暮らしや自然などが取り上げられていました。

北前船の歴史は、以前富山でも触れたことがあり、この大きな流れが身近な小樽にあることを改めて感じることができました。また炭鉄港においても、蝦夷地から北前船で運ばれた海産物が薩摩に渡り、そこから琉球を通した密貿易で莫大な資金を得て明治維新に繋がっていくなど、決して無関係ではないと認識しています。

更に建物も軟石づくりの重厚感のあるもの。この建物を見るだけでも価値のある博物館でした。

*実はへぇ!へぇ~!と様々に感激していて、1枚も画像を撮っていないことに気づきます。


炭鉄港カードを配布している小樽運河プラザはこの博物館のすぐ近く。

IMG_7348

そのまま歩いてカードをいただくと共に、小樽のB級グルメでもある「あんかけ焼きそば」のお土産を購入。

ちなみにこの運河通り、今や一大観光地となっている小樽運河も、過去には負の遺産として埋め立ての危機にありました。昭和40年代、時代は車社会へと以降する中で、この運河の埋め立てと倉庫群を解体し、6車線化する計画が決定。

その後、保存運動が高まり計画が変更され現在に至ります。
景観も悪く悪臭にも悩まされていた負の遺産が、見方を変えることで一転して観光資源となった状況は、私達、「炭鉄港」の特に炭鉱の部分に関連する地域において、様々に示唆するものがあると感じます。

*国交省資料
https://www.mlit.go.jp/crd/city/mint/htm_doc/pdf/005otaru2.pdf


ちなみに、お土産として購入したあんかけ焼きそば、早速本日のお昼に食べましたが、なかなか美味しかったです!(相変わらず画像なし・・・)

 

さて、炭鉄港カード最後の1枚となる目的地は小樽港湾事務所のみなと資料コーナーです。が、、、その前にお昼の腹ごしらえが必要!

街中で食べるのも良いけれど、ちょっと郊外の方が安くて美味しいものが食べられるかも!と検索してみると、次の目的地のすぐ近くに評価の高いお店がありました。

IMG_7353

海石榴(つばき)というお店で、アワビやウニなども入って2,200円(画像の海石榴丼)ととってもお得!もちろん美味しかったですよ。

さて、腹ごしらえも済んで、いざ目的地へ!!

 

その18に続く

2 thoughts on “炭鉄港カード! 目指せコンプリート!〈その17〉~小樽編~”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください