neco塾「報・連・相」についての勉強会memo

4月に行われたneco塾の内容ですが、ちょっとmemoしてあったのを発見。

備忘録として記載します。

***********

仕事とは二つの側面がある。

一つは主体的なものとして自己実現などの要素。しかし、本当に大事なのは社会的な見方としての「地域社会全体の存続に貢献すること」

☆仕事とは指示から始まる。
      内容を十分に把握する。
      プライオリティーを考える(タイムマネジメント)
       期日(時間)

○plan
   手法、手順、情報収集、デメリットを最小にする(回避能力)、必要はに応じて他者と連携。
○do
   責任をもって遂行、進行管理(抱えない。リーダーは振ること)、報連相。
○check
   測定、評価、、状況把握、次へ活かす。
○action
   改善策、つなぎ、歯止め策

最後に報告

報告とは「指示」されたことに対する「義務」である。
指示で始まり、報告で終わるのが仕事である。

◇連絡→情報の共有化である。

◇相談とは→アドバイスの後にフィードバックしたことの報告が必要。

【伝わる話し方】

相手に伝えたい情報を相手が理解しやすいように伝える。
・ロードマップー全体を示す道筋
・ナンバリングー1点目は・・等の整理
・ラベリングー○○について。。

area  a 主張  r理由  e 具体的に a 主張  最後にまとめ

ーーーーー

聞  耳で聞く
聴  耳+十の目できく
訊  言葉で聞く

傾聴のスキル
うなずき、手をとめる 真摯にきく
発言が悪ければ正す。共に成長することを目指す

*7つの習慣
*ワードエコノミー
*neco  ナウ エゴ チャレンジ アウトプット
   アウトプットなき学びは成果なし。

************

すみません。備忘録でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください