Tag Archives: 新型コロナウイルス感染症

令和2年 第1回臨時会の内容について

〈令和2年5月1日投稿〉

本日、表記臨時会が開催され、新型コロナウイルス感染症に対する支援策等に関する補正予算が可決されました。

コメント 2020-05-01 180401

その1つ目が前項投稿の①小規模事業者等経営サポート給付金でしたが、その他にどの様なものがあったかをご紹介いたします。

 


②商工金融円滑化事業
22020-05-01 180516

これは従来、実行から3年間利率のうち1%分を市が負担するものを拡充し、実行から3年間の利率の全額を市で補給するというもので、利子補給金及び預託金が不足する見込みとなったことから、7億5千万円の補正を行ったものです。

 


③児童手当等給付事業
(ひとり親家庭生活支援資金貸付事業)

32020-05-01 180931

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、欠勤等により収入が減少した児童扶養手当受給者(*全部支給停止者・生活保護受給者を除く)が対象となり、20万円を上限として生活支援資金を貸付を行うものとして、1千万円の補正となりました。


④市内公共施設使用料のキャンセル等に伴う返還金
42020-05-01 181229

これは新型コロナウイルス感染症に伴い、市の施設利用をキャンセルした場合、納付済みの使用料を全額返金するとともに、キャンセル料の徴収を行わないための補正となり、返還金として9百万円が補正されました。


ここからの⑤と⑥は市単独ではなく、国の補正予算(第1号)関連となります。

⑤特別定額給付金事業(補正額80億8600万円)
52020-05-01 181822

これは国民一人あたり10万円が給付される事業で、昨日国会による決定があったことから、急遽準備され上程されたものですが、国庫支出金として一度市を経由して市民への給付となるため、それを実施するための補正が組まれたこととなります。

本件につきましては、多くの方が関心を持っているものと思いますので、別投稿にてご紹介させていただきます。


⑥子育て世帯への臨時特別給付金事業
62020-05-01 182042

こちらは対象の児童手当受給者約5,100世帯、8,500人に対し、6月の児童手当支給と同時に1万円を給付するものです。後日、対象者には給付案内のチラシ等が届きますので、そちらをご覧いただければと思います。(補正額:8千800万円)


という様に主な事業概要をご紹介しました。

補正予算の内訳としては以下の様になり、合計で91億8千300万円と莫大な金額となりますが、市の負担としては財政調整基金から2億7900万円、②の商工金融円滑化事業に伴う元金償還金として7億3千万円となっています。

72020-05-01 182601

いずれにせよ、これで多くの困っている事業者や市民の方がその困難が解決するということにはならないかもしれませんが、市としてもできうることを極力迅速に行っているという評価ができるものと思います。

ぜひ活用できるものは積極的に活用した中で、この困難を乗り越えていけたらと考えていますので、各詳細は市のホームページをご確認下さい。
https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/3141247/

簡単ではありますが、本日の臨時会の議案についてご紹介させていただきました。

岩見沢市内における新型コロナウイルス感染症の影響について教えて下さい。

〈令和2年3月8日投稿〉

この度の新型コロナウイルス感染症の影響により、仕事、家庭、日常生活などあらゆる面で影響を受けている方がほとんどだと思われます。

そしてその影響が、我が岩見沢市内においてはどのようなものなのか。それを知ることが議員活動を行っていく中でも重要なことだと考えているところです。

恐らく、飲食業や観光業、サービス業等の方々にとっては、かなり厳しい状況が想像され、子育て世代の方々には休校等による影響も様々に発生していることと思います。そしてそれらの課題は本当に多様で、十人十色であると思われます。

あらためて、市民の皆様がどのような影響を受けていて、それをどう考えているかを率直にお聞かせていただければ幸いです。

とはいえ、せっかくお伺いしたことにも、やはり出来ることと出来ないことがあるのも事実です。しかしながら、あらゆる施策や課題解決に向け、それらの知識、情報を備えているのといないのとでは、雲泥の差が出るものと信じています。

また、できるだけ今回いただいた情報も共有した中で、市民満足度だけではなく、これからの時代にマッチした〈市民納得度〉を高めるための活動につなげていきたいと思っています。

大変お手数をおかけいたしますが、ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

koronaアンケート

アンケート入力フォームはこちらのリンクです


◇アンケート調査について◇

〈趣旨〉
議員活動の参考とすべく、この度の影響の実態把握に務めるため、表記に伴う経済的な影響(業績、経営の悪化や給料の減少、etc.)、日々の生活に関わる影響(子育てに関すること、日々の生活に関わること、etc.)等を些細なことでも是非教えていただきたく考えています。

〈備考〉
■あくまで一議員としての調査となりますことをご了承ください。
■この結果は後日ご紹介(公開)する可能性がありますことをご了承ください。
■本来であれば直接お伺いしながら調査することも不可欠かと思いますが、感染リスクを優先し、この度は本webアンケートのみとさせていただきます。

これらの結果は、市民納得度を高めるための観点としても、極力現実的なフィードバックができるように努めていきたいと考えています。何卒ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

令和2年3月8日

岩見沢市議会議員 平野義文
info@hiranoyoshifumi.jp

*回答につきましては3月15日ぐらいを目処に一度取りまとめたく思いますが、その後も随時承る予定です。

「雪の花」を読んで徒然に。

〈令和2年3月8日投稿〉

昨日、同様の投稿をfacebookにしたのですが、メモ代わりにこちらにも投稿します。

87365314_2775138955888303_5662030200628576256_o

**********

感染力が強烈で、感染した多くの人が死に至る。運よく生き残っても著しいアバタが残ってしまい、これまで通りの生活が難しくなる恐怖の疫病、天然痘。

江戸時代の薬は牛の糞を乾燥させたものを煎じて飲むこと。しかし、当然の事ながら何ら根拠はなく効果もなし。人々はただただ逃げ惑い、神仏に祈るのみ。

西洋では、人間だけでなく牛も天然痘にかかり、しかしそれは死に至るほどのものではないことに注目。その牛痘を採取し人の皮膚に種痘することで決定的な成果を上げる。

しかしながら、鎖国期の日本においては一般的な漢方医の勢力が強く、蘭方はなかなか認められない。それどころか、既得権益を守るため強い妨害の動きすら出てくる。

その様な逆境の中において、強い使命感をもって幕府に種痘の必要性を認めさせ、命をかけて庶民への普及に向けて立ち向かう町医者の生涯を描く「雪の花(吉村昭著)」

***********

あらためて役人の保身的行動。今で言う官僚達の行動の愚かさが切ない。もちろん世情を敏感に察知し正当な取り組みを評価して引き立てる人もいる。

日本人は今も昔も変わらず、素晴らしい人もいれば保身に走る人もいる。利他的に身を投じる人もいれば、全ての判断を自己に誘う卑しい人もいる。

 

あらためて自分はどうあるべきか。

 

これらとは比べようもない小さなスケールの中にいる自分ではありますが、そんな矜持は持ち続けたいと思うばかりです。