炭鉄港ミニツアーガイドについて

〈令和4年9月21日投稿〉

岩見沢駅を中心としたガイドなどは、これまで幾度となく行ってきていますが、今回は公式となる「炭鉄港ミニツアー」のガイドを引受させていただきました。これはJR北海道のヘルシーウォーキングと連動する企画で、このガイドツアーに参加すると、同イベントのポイントも貰えることとなります。

しかしながら、生憎の雨模様・・・。

それでも20名近い方々にお集まりいただきました。

結果として、約2時間のガイドツアーは盛会のうちに終了。

頂いたアンケートもかなり高評価が多く、それぞれに楽しんでいただけた様です。

特に〈最初正直、「なんだ。駅かい」と期待していなかったのですが、予想外の面白さがいっぱいでした(後略)〉とか〈興味深いものばかりで、あっという間に終わった感じです。何気なく見ていた駅やレールセンターなどですが、今後は見方が変わること間違いありません(後略)〉などなど、嬉しい言葉がたくさん。

この様な機会をいただき誠にありがとうございました。


さて、実はこの前日も駅周辺のまち歩きツアーをやっていました。

主催は私の地元の北3条町会です。

この日はレールセンターからスタート、駅の內部はサラッと流し、そらち炭鉱の記憶マネジメントセンターや元町の跨線橋、そして発祥の地公園と岩見沢市の有形文化財である旧国兼家住宅の見学というルートに。

〈薩摩と関係の深い岩見沢レールセンター敷地内見学〉
〈鉄道のまち岩見沢を感じることのできる南北自由通路(有明連絡歩道)〉
〈岩見沢の地名の由来にもなったとされる岩見沢発祥の地記念公園〉
〈岩見沢では数少ない大正時代の邸宅「旧国兼家住宅」〉

これらのルートは臨機応変に対応可能です。

この後は10月8日(土)にこの町会主催のルートと類似したコースを巡るイベントがあります。

下記リンク先の下の方を御覧ください。

ぜひお気軽にお申し込みいただければ幸いです。

「炭鉄港ミニツアーガイドについて」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください