近々の岩見沢の炭鉄港系ガイド等について

〈令和4年9月15日投稿〉

今年も学校や町会、民生委員・児童委員の方面ごとなど、炭鉄港や岩見沢の歴史などをガイドする機会を頂いております。

近々でいけば、昨朝の北海道新聞でも記事として紹介していただいた、東武トップツアーズの炭鉄港ミニツアーがあります。これは今回のJR北海道のヘルシーウォーキングと合わせて実施されるのですが、トップツアーズさんの街歩きツアーの第一弾を私がガイド役を努めさせていただきます。

このトップツアーズさんの街歩きガイドは、当日の正午まで受け付けているそうなので、もし興味ありましたら、ぜひご参加ください!



そして毎年恒例であるものの、コロナ禍で休止していたNPO法人炭鉱の記憶推進事業団が実施する「ぷらぷらまち歩き2022」として3年ぶりに復活します(参加費500円)。

今回は全部で12コース!

私がガイドをさせていただくのは、10月8日(土)、15日(土)、22日(土)の3週連続で岩見沢まち歩きとなります。

今回はその内容をちらりとご紹介いたします。


10月8日(土)13時集合
【開拓から鉄道のまち岩見沢への足跡を辿る】

定番の岩見沢複合駅舎から明治期の旧北炭鉄道工場の名残であるレールセンターを軸に、初代岩見沢駅舎のあった夕張道路跨線橋や岩見沢炭鉄港の原点でもある「発祥の地公園」へ。今回は特別に岩見沢レールセンター敷地立入りや市有形文化財である旧国兼邸內部見学つきです。


10月15日(土)13時集合
【炭鉱遺構を探しながら”秋彩”万字ズリ山ハイク♪】

手軽なのになかなか行けない?この機会にみんなで万字ズリ山山頂へGO!ルート上には炭鉱遺構が多くあり、インダストリアルネイチャー(産業的自然)と森林浴で二度美味しい公園内ハイキングです。〈オリジナル万字炭鉄港MAPプレゼント〉

*往復で約2時間程度の行程ですが、飲み物等は各自ご持参いただくことをおすすめいたします。

集合場所はこちらです。


10月22日(土)12:20集合
【室蘭線に乗って志文ぷらぷら~大正浪漫と万字線の名残にふれる~】

室蘭線130年記念!JR岩見沢駅ホームの貴重な炭鉄港レールを見ながら12:45発で志文駅へ。志文開拓と大正ロマン薫る辻村もと子生家見学と、旧国鉄万字線の名残を見つけるぷらぷら散歩(14:43志文駅発で帰岩予定)

*往復のJR運賃は各自でご負担ください。
*貴重な辻村邸內部見学を含むため、先着15名限定。



という風に10月は3週連続で岩見沢市内をガイドさせていただきます。

私がやるのは上記3コースですが、今年のぷらぷらまち歩きは全部で12コース!

岩見沢市内は5コースとなり、今回はおそらく史上初の企画として、9月19日(月・祝)に行われる北口事務局長が案内するコースでは、大正4年に建てられた岩見沢の名家である「山口邸」の内部見学が組み入れられており、私の10月8日のコースでは、その兄弟分的な繋がりで大正6年に建てられた「旧国兼家邸宅」の内部見学、そして10月22日のコースでは大正6年に建てられた「辻村邸」の内部見学ができるという、岩見沢始まって以来?と言える大正期の豪華邸宅を3軒すべて見られることとなります。多分この様な機会は本当に岩見沢初だと思います。

ぜひ、全て見学していただき、岩見沢の貴重な歴史に触れていただければ幸いです。

また、他のコースは以下の通りです。

詳細はこちらへ https://yamasoratan.blog.fc2.com/blog-entry-3313.html?sp


以下、リンク先からの転載です。
 

定員30名様の事前申し込み制です。(⑨のコースは15名様)
コースによっては、別途、入館料や交通費自己負担、などありますので、それぞれの詳細をお読み下さい!気になったコースがあったら、お早めにどうぞ!
 
※参加費おひとり様、500円。(大人と一緒の小学生以下は無料)
 
申し込みはネットで簡単!
決済はクレジットカード!!
テケトからお願いします
9回以上参加ご予定の方、お得な4000円の通し券もありますよ〜
 
どうしてもテケトのネット予約、ネット決済ができない…という方は、
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター営業時間に電話予約してください!
お支払いは当日ワンコイン500円ご持参ください♪
 
そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター
営業時間10:30〜17:30
月・火曜休館(祝日の場合は開館)
 

「近々の岩見沢の炭鉄港系ガイド等について」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください