岩見沢の雪をテーマにしたボードゲーム「ユキナマラ」をプレイしてきました。

〈令和4年4月25日投稿〉

4月23日(土)に、表題の通り「ユキナマラ」というボードゲームのテストプレイ会にお招きをいただきました。

これは北海道教育大学岩見沢校のメディアコンテンツ研究室の学生さんたちが作ったもので、「岩見沢は雪は大変だけど、そこもどこか誇らしいという気持ちがある・・・」という気持ちを織り込んだゲームとなります。

4人1組で実施することを想定したボードゲームで、結構ルールが複雑かな?という印象をもったものの、実際にやってみるとシンプルながら奥が深く最初から盛り上がる。

ポイントはゲームを重ねる内に、「オミヤゲカード(加点)」と「ワヤカード(減点)」が手持ちに累積されていき、その差し引きで勝敗が決まるのですが、それぞれにオミヤゲは岩見沢の名物等が記載され、ワヤはネガティブな要素が記載されていたりします。

印象としては、このオミヤゲとワヤの要素を、様々に岩見沢の特色をもっと盛り込んで行けば、そのままシビックプライドの醸成に繋がりそうな気がします。まちを良くする気持ちとか、まちを愛する気持ちなどは、まずは自分たちのまちを良く知ることがスタートだと思うので、まさにこのゲームでそんな知識を得られて、岩見沢への誇りを醸成できれば最高だなと感じた次第です。

ルールもデザインもとっても良い出来栄えです。

現在、4月27日までは岩見沢複合駅舎内のi-boxで展示されておりますので、ぜひ足を運んでみては如何でしょうか。


ちなみに、今回このようなご縁をいただいたのは、私の雪に関する過去の投稿がきっかけだったようです。(記事としてはちょっと古いですが)

除排雪についてのまとめ

【他、除排雪に関するカテゴリー】
https://hiranoyoshifumi.jp/%e9%99%a4%e9%9b%aa%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください