地域公共交通セミナー『室蘭線を学ぼう!』の開催について

《平成29年12月14日投稿》

12月20日(水)15時より

岩見沢市、栗山町、由仁町主催による【地域公共交通セミナー『室蘭線を学ぼう!』』が開催されます。

JR室蘭線に関する現状認識と、地域の公共交通に対する危機感を共有し、人流と物流の両面から、今後の利用促進等の取組に資すること等を目的としたセミナーとのことです。

murorannsen 
詳細はこちらのリンクをご覧ください。
http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/3104862/

 

■まったくの余談ですが、この室蘭線は幌内(三笠)-手宮(小樽)間の官営幌内鉄道が敷かれる前に、開拓使の顧問であったケプロンが、太平洋側から本州に航路を設けることができる室蘭港を開発し、幌内-室蘭間に鉄道を敷くことを提言したが、開拓使は費用と工期の関係で断念。最終的にライマン案の幌内-手宮を結ぶ官営幌内鉄道が敷かれた経緯があります。

その後、明治22年に幌内鉄道の払い下げがあり、当時の政界、財界等の圧倒的な支援を受けた北炭が民間活力にて、明治24年に砂川・歌志内に炭鉱を開発して鉄路を敷設、その翌年の明治25年に念願の岩見沢-室蘭間・追分-夕張間が開通し、石炭輸送を軸に日本の近代化を支えてきた路線です。

しかし時代の流れによる近郊の炭鉱閉山により、昭和55年に東北以北最大と言われた岩見沢の大操車場も廃止され、現在に至っています。

 

現在の室蘭線のあり方と将来の見通しに関しては、見る角度で様々に印象が異なると思います。そのためには、携わる方々もそうでない方々も、あらゆる角度から見てみて理解を深めることが重要ではないかと考えます。

大変都合のつけ難い時間帯での開催ではありますが、もしご都合がつけばご参加してみては如何でしょうか。

12月第三回定例会一般質問議事録転載(岩見沢市役所庁舎建て替えについて)

〈平成29年12月7日投稿〉

9月8日に行った「岩見沢市役所庁舎建て替えに関する一般質問」の議事録が公開されておりましたので、ここに転載させていただきます。

尚、本一般質問の動画は、こちらのyoutubeよりご覧いただくことも可能です。
https://www.youtube.com/watch?v=R7_Ce3O-CBM

 

《以下、議事録転載》

 

Continue reading

平成29年第四回定例会開会しました。

〈平成29年12月7日投稿〉

12月4日(金)13時より、表記定例会が開会しました。

主な日程はこちらをご確認ください。
http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/common/files/dl/492182/h29-4tei_yotei.pdf

 

■本定例会における定例会付議事件は以下のとおりです。

◇議案第 95 号 平成28年度岩見沢市一般会計及び各特別会計決算の認定について
◇議案第 96 号  平成28年度岩見沢市病院事業会計決算の認定について
◇議案第 97 号 平成28年度岩見沢市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について
◇議案第 98 号 平成28年度岩見沢市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について
◇議案第 99 号  一般職員の給与に関する条例の一部改正について
◇議案第100号  職員の育児休業等に関する条例の一部改正について
◇議案第101号  いわみざわ地域交流センター条例の一部改正について
◇議案第102号  岩見沢市工場等設置奨励条例の一部改正について
◇議案第103号  岩見沢都市計画特別用途地区建築条例及び岩見沢市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について
◇議案第104号  岩見沢市ワークプラザの指定管理者の指定について
◇議案第105号  岩見沢市北村環境改善センター及び岩見沢市北村トレーニングセンターの指定管理者の指定について
◇議案第106号 岩見沢市総合体育館、岩見沢市野球場、みずほ公園野球場、みずほ公園サッカー場、あさぎり公園野球場及びあさぎり公園庭球場の指定管理者の指定について
◇議案第107号  岩見沢市北村多目的体育館及び土里夢公園パークゴルフ場の指定管理者の指定について
◇議案第108号 岩見沢市栗沢球場、岩見沢市栗沢テニスコート、岩見沢市栗沢パークゴルフ場及び岩見沢市栗沢B&G海洋センターの指定管理者の指定について
◇議案第109号  岩見沢市民会館及び岩見沢市文化センターの指定管理者の指定について
◇議案第110号  平成29年度岩見沢市一般会計補正予算について(第4号)
◇議案第111号  平成29年度岩見沢市特別会計国民健康保険費補正予算について(第2号)
◇議案第112号  平成29年度岩見沢市特別会計介護保険費補正予算について(第2号)

 

******************

尚、今回私は一般質問をいたしませんが、本定例会における質問通告はこちらから確認することができます。http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/common/files/dl/492182/h29-4tei_situmon.pdf

日程は慣例上、1~4人目までが12月8日(金)、5~7人目が11日(月)、8~10人目が12日(火)となると思われます。共に13時開会です。

興味ある案件がありましたが、是非傍聴におこしいただくか、インターネット中継でご確認ください。
http://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/content/detail/3096453/

氷室冴子青春文学賞実行委員会

〈平成29年12月1日投稿〉

11月28日(火)の晩、氷室冴子青春文学賞開催に向けた第2回実行委員会が開催されました。

24257638_1525067190895492_677575347_n

氷室冴子さんは、恐らく名前を聞いたことのない方は少なく、全国的に有名な作家さんであると認識をしています。その氷室冴子さんが、小中学校は私の先輩にあたることを知ったのはつい最近。恥ずかしながらその著書もまだ読んだことは無いのですが、この様な文学賞を展開することを知り、シビックプライドの観点からも、微力ながら何か応援できれば良いなと思って実行委員会の一員に加えさせていただいておりました。

しかし、実行委員会に参加できたのは今回が初。

あらためてその内容をお伺いし、とてもクオリティが高く、スタート時から大きな話題になりそうな期待感と、長期にわたりこの素晴らしい活動が継続していきそうな予感がする素晴らしい内容でした。

詳細についてはリリース後にあらためてご紹介させていただきたいと考えておりますが、岩見沢市民にとって誇りの一つになりそうな、そんな素敵な活動であると思います。

是非、期待いただければと思います。

岩見沢市議会 意見交換会終了

〈平成29年12月1日投稿〉

11月25日(土)15時より、岩見沢市議会 意見交換会がありました。

23795292_1518902558178622_4460980700161562258_n

大きく予想を覆す参加者の少なさ。
報道表記でいけば議員合わせて30数名・・。ということは、議員21名+事務局関係者なので。。

理由は日程かテーマか広報か、、、。
参加される市民より議員の方が多い状況になると、活発な意見も出にくい雰囲気になってしまうので、せっかく参加してくれた市民の方々にとっても申し訳ない状況となりがちです。

とは言え、これも現在の広報広聴委員会で議論検討した結果なので、今後に反映してより良い意見交換会の実現に繋がればと思います。何事も、より一層を目指したトライ&エラーの繰り返しが次の成功を生むのだと思われます。

その検証に関しては、広報広聴委員会で協議が行われ報告書が作成されます。いずれ議会webサイトに掲載されると思いますので、そのときにはお知らせいたしたいと思います。

 

参考までに、私が担当した過去2年も試行錯誤しながら手法を工夫し、この様な内容で開催しています。

平成27年
https://hiranoyoshifumi.jp/2016/02/25/7162
報告書

平成28年
https://hiranoyoshifumi.jp/2017/02/28/8399
報告書

炭鉄港議連:室蘭研修報告

〈平成29年11月27日投稿〉

11月23日(木・祝)に今年3回目となる北海道「炭鉄港」市町村議員連盟の室蘭研修ツアーがありました。

今回快く受け入れをしてくださったのは、㈱日本製鋼所 室蘭製作所様です。

DSC_0104

最初に座学にて会社の概要や役割などをレクチャーいただいた後、稼働中の工場内の見学をさせていただき、そのスケールの大きさに一同圧巻。広大な工場内部には世界に誇る巨大な設備により、一際大きな製作物が製造されておりました。

DSC_0139
(工場は撮影禁止のため画像はありませんが、巨大な発電所等のパーツなど、その一つひとつのスケールが本当に大きく、世界をリードする製鋼業の凄さを感じることができました。)

Continue reading

岩見沢市議会 意見交換会のお知らせ

平成29年11月25日(土)15時より

岩見沢生涯学習センターいわなびにて、岩見沢市議会『意見交換会』が開催されます。

この報告会・意見交換会は、これまで様々に試行され実施をしています。

最初の試行は明確な報告事項があった方が良いという考え方の下、各常任委員会単位で他都市調査の内容を報告する「他都市調査報告会」と題し、その後、私が広報広聴委員会委員長になった一昨年は、特段、テーマを固定せず、話題提供として各常任委員会毎に重点施策を提示した後に、自由な意見交換の時間を長くとっての開催。(H28年2月開催:https://hiranoyoshifumi.jp/2016/02/25/7162

昨年は、過去2回の検証を行った中で、市内6箇所での分散開催とし、市政全体で10分程度の話題提供の後に自由な意見交換を行うという手法で実施してきました。(平成29年2月開催:https://hiranoyoshifumi.jp/2017/02/28/8399

 

今年は、委員会配置が変わり、私は広報広聴委員長ではなく総務常任委員長となりましたので、その意見交換会の内容に関する議論の詳細は理解できておりませんが、テーマを除排雪とし、1箇所開催で行うこととなりました。

291125

当然、除排雪以外の意見交換の時間もございます。

是非ご参加いただければ幸いです。

これっとNO.14 11月号発行されました。

〈平成29年11月21日投稿〉

先日、編集長のC姉さんが「生みの苦しみが・・」と出来たての”これっと”を届けてくれました。

23805543_1514797345255810_18923115_n

今回は恵みの秋にちなんでということで、宝水ワイナリーで有名な宝水地区の地名の由来等について、「郷土かるた(和田高明氏著)」から紹介させていただきました。

これっとは岩見沢市内各所で配布されているフリーペーパーです。見つけたら是非手にとって見ては如何でしょうか。

ちなみに、、

PDFはこちらからダウンロード可能ですが、あまりの多忙さにまだ更新されていないようです。。
http://i-collet.info/

 

時折チェックして更新をお待ちください♪

なかよし保育園創立50周年

〈平成29年11月21日投稿〉

11月18日(土)14時より、社会福祉法人北翠会 なかよし保育園の創立50周年記念式典・祝賀会が開催されました。

DSC_0064

何を隠そう、私自身この保育園の約40年前の卒業生です。

当時は現在の場所ではなく、北3条の住宅街の中に一際大きな2階建ての三角屋根の園舎があり、その横には決して大きくないけれど、ブランコ、シーソー、砂場のある広場があり、その砂場の真ん前が自宅でした。

よって、園の広場は自分の公園の様な想いで、日々暗くなるまで遊んでいたことを思い出します。

 

当時は当然知る機会もありませんでしたが、最近、当時の理事の方々のお話を聴くことができました。園が存亡の危機にあったこと。その時に理事が保証人となり融資を受けて乗り越えたこと等々、様々に覚悟と苦労を乗り越えてきたことを知りました。

その頃の理事の方々の年齢を聞くと、ほぼ今の自分世代になります。

今、私を含め、そのようなことができる人がどれぐらいいるのか。

あらためて襟を正す機会となります。

平野よしふみ活動報告会無事に終了いたしました。

〈平成29年11月13日投稿〉

11月12日(日)14時から、平野よしふみ活動報告会を開催させていただき、多くの方々のご来場のもと、無事に終了することができました。

冒頭で衆議院議員の渡邉孝一様、北海道議会議員の村木中様にご挨拶を頂戴し、その後約80分間にわたり、これまでの活動の一端をご紹介させていただきました。

23555131_1624497204294578_690173512_o

この報告会は、後援会に入会していただいている方々に年に1度発行させていただいている後援会通信とインターネット上でしかご案内をしていないため、その時になってみないと何名の方がきていただけるか全くわからない不安な状況でのスタートとなります。

今回も15分ぐらい前まで淋しい状況だったので、さすがに空席が目立つかな?と思いきや、本当に多くの皆様にご来場いただき、心から嬉しく思いました。

23516482_1520947874663163_866054145_o

お話の内容としては、二元代表制の一翼を担う議会議員としての視点から、先日10月27日に表明された市役所新庁舎をめぐるこれまでの経緯。駅前通りや市内の雨水排水のこと等を市政近況としてご紹介させていただき、その後、活動近況として「炭鉄港」や「岩見沢赤電保存会」での取組などをご紹介させていただいた次第です。(通常、議員報告会は「市政報告会」と銘打つのが一般的だと思うのですが、私は市政と日頃のライフワークとして行っている諸活動も市政とリンクするものと捉えているため、第1回目から「活動報告会」と題して開催させていただいています。)

どこまでその想いが伝わったかは測ることはできませんが、皆様に真剣に聴いていただき大変有意義な時間となったと感じています。

この様な機会のみならず、少人数での車座談義等も実施できればと考えており、積極的に多くの皆様と会話をする機会を設けたいと考えております。何かありましたら是非お誘いいただければ幸いです。

まずはこの度、本当に多くの人にお話を聞いていただけましたこと、心より感謝申し上げます。

どうか引き続き、叱咤激励のほど宜しくお願い申し上げます。