線路の灯り報告

7月20日(土)

三笠鉄道村主催で恒例となった「線路の灯り」が開催されました。

これは廃線になった三笠、幌内間の約2.5㎞の線路にロウソクを灯し、トロッコで走っていくノスタルジックでステキな事業であります。

協力団体にも名を連ねる「NPO法人 炭鉱の記憶推進事業団」の理事として、毎年お手伝いをしなければ・・と思いつつ、3年連続でトロッコ発車ギリギリに到着し、ついお手伝いではなく、家族でトロッコに乗ってしまうというダメっぷりですが、終了後の撤収作業だけは張り切って参加しております(笑)

P1030409

約2.5㎞、こんな贅沢な灯りの中をトロッコが進むわけですが、年々参加者も増え、密かな人気を醸し出しました。

三笠の鉄道村では、このSLが大きな汽笛を鳴らしながら走行し、これまた本物の音にお腹のそこからやられます。

 

P1030424
(手ぶれで酷いですが・・・)

 

そして、私のお気に入りのポイントは実は線路ではなく、クロフォード公園の跨線橋。

557613_502023783199843_1101589509_n

とても綺麗なロウソクの揺らぎが何とも言えず癒される景色になります。

 

この事業については、ちょっと検索すれば色々と情報が出てきますので、是非ご覧下さい。そして来年はご参加いただけると絶対にお気に入りになっていただけると思います。


そして、我が家の子ども達は、ちょっとした待ち時間に見つけた川で遊ぶわけで・・・。

トロッコよりSLよりロウソクの灯りより、こういう遊びが何より優先というのが子どもらしいのであります。

P1030372

遊び甲斐のある、とても上手に整備された川でした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください