『地域との共生を考える』~北村遊水地事業と地域創生~に参加してきました。

〈平成31年3月7日投稿〉

本日、本会議及び、予算審査特別委員会終了後、環境コモンズ研究会/岩見沢河川事務所共催の『地域との共生を考える』~北村遊水地事業と地域創生~に参加してきました。

というのも、前回(2017年12月)開催された当フォーラムでは、恐れ多くも「岩見沢シビックプライド探求部」を主宰している私にも講演のご依頼をいただいたもの。

(その時の記事はこちらです。)
https://hiranoyoshifumi.jp/2017/12/20/9418

今回の基調講演は前回と同じく「環境コモンズ研究会」座長の小磯修二氏。第二部として、私自身色々な場面でご指導をいただいている、岩見沢文化財保護委員も努めている村田文江先生。

どちらも非常に関心があったので、是非とも参加をさせていただいた次第です。

コモンズは皆様ご承知の通り「共有地」の概念でありますが、北村遊水地が普段は農耕地、有事には遊水地という、その稀有な特性を活かし、真のコモンズとなるべく展望を示されたもの。

村田先生の講演は「北村の歩みに向き合う」と題し、~地神碑:五社大明神を巡って~というサブタイトルがつけられていました。

53435275_316405785683736_1747551222702800896_n

北村の地神碑を調査したことで、開拓からのストーリーや、その設置された背景、建立年による節目の出来事などをその深い見識をもとに考察されました。

 

私達が何気なく目にする石碑(今回は地神碑であり、その何たるかは検索してみて下さい)を通し、「地域の歩み」に気づけること、また、これまでの地域を支えてきた人々が、その地神碑を拠り所とし、如何に豊作を祈り、情報交換や種々共同一致を目指し、精神的に結集する場として機能してきたかなど、これまで見ることをしてこなかった背景が見えてくる深いお話となりました。

常々感じることですが、知識のある方は我々凡人と同じものを見ても、表面だけではなく、その背景にあるものまで見ることができるため、洞察力も段違いに異なってくること。これが「教養」なのだということを感じるとともに、常に自分の至らなさに気づかせてもらえます。

私自身、現在力を入れている「炭鉄港」もそうですが、全く予備知識がないのと、ほんの少しでも知識があるのとでは、同じものを見ても見えてくるストーリーが全く異なってくることがあります。

これらは自分たちの地域やそのルーツを知るという上では無くてはならない視点であり、これからのまちづくりというのは、その様な掘り下げができるか否かが再評価につながるものと確信をしています。

そういう面では、この北村遊水地事業を展開する岩見沢河川事務所の方々は、いち早く地域の歴史を再確認することが次代の地域づくりに不可欠なことであると認識し、それを丁寧に行っている凄さがあります。

また、今回のフォーラムからは、上記お二方の講演時間を少し短くし、遊水地に関係する地元の方々に登壇していただいてのトークセッションが加わりました。

53313372_370004536934616_4221982543076917248_n

あらためて北村遊水地事業が地元の人たちとの意識共有を重視しながら進行されていることが良くわかるものです。

トークセッションに登壇されていた、「北村の20年後を考える会」の北村氏などは、小磯先生と共にコモンズのあり方を勉強したりしており、やはり今後の進展が楽しみに感じます。

この北村遊水地事業が単なる緊急時の水溜ではなく、地域アイデンティティの掘り起こしにも役立ち、それが将来の北村の価値を高める一助になるものと期待しています。

One thought on “『地域との共生を考える』~北村遊水地事業と地域創生~に参加してきました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください