RAM WIREのLIVEへ行ってきました。

岩見沢市と非常に関係が深い、RAM WIRE(ラム ワイヤ)というアーティストをご存知でしょうか?

ramwire
(上記画像は公式webサイトから拝借http://www.ramwire.com/

女性一人、男性二人のグループであり、実はこの中心の女性、ユーズさん(ボーカル)が岩見沢出身とのこと。

それを知ったのは、つい2ヶ月ほど前、2006年から始まった岩見沢複合駅舎の刻印レンガプロジェクト「LOVE-BRICKいわみざわ」の時に、共に汗を流してくれた岩見沢市役所のW氏から話を聞いたのが最初。

すぐにwebでチェックすると、こりゃ大したものでありました。

きっと、多くの人が聞いたことがあったり、また、鉄拳のパラパラ漫画で話題になっていたりと、非常に話題性の高いグループであり、今まさに登り調子の注目の方々。

そんな岩見沢出身のユーズさんは、たまにラジオ番組等でも岩見沢複合駅舎の自慢話をしてくれているということも小耳にはさみ、《いわみざわ駅まる。》として、日頃から駅を中心とした活動をしている身にとっては、これは応援しないわけにはいかないのであります(笑)

きっと、こちらのサイトから見ていただくと、なるほど!と思っていただけるかと思います。
(公式サイト http://www.ramwire.com/

どのムービーも大物が出ていたり、非常にクオリティの高いPVであります。

そのRAM WIREの全国ツアーが始まり、札幌でも開催されるということで、本日、いつも様々なまちづくりで力を合わせていると共に、駅まるメンバーとしても仲間の田中議員と、NPO法人薔薇香る岩見沢の職員でもあり、一般社団法人いわみざわ駅まるプロジェクトの専務理事でもある和田さんと3人で慣れぬライブに行ってきました。

DSC_1057会場は札幌のCOLONYというライブハウス。

200人ほど収容できる会場がスタンドでぎっしり!

年齢層も我々が一番上の世代かと思いきや決してそうでもなく。。また当然若い人も多く。。なんとも多層に支持されている様子がありあり!

行きの車の中でCDアルバムで予習を行い、万全を尽くして着いた会場では、どうして良いのかわからずにオロオロするも、ライブが始まれば大いに楽しませていただきました。

やっぱりプロというのは、すごいものです。

終了後、握手会があったので、長蛇の列に並ばせていただき、しっかりとサインもいただく(笑)下の画像はその時の購入品♪

DSC_1053

しかし、それだけではなく、、、ライブ終了後には紹介していただいたW氏のお力添えもあり、岩見沢凸凹3人組で少しだけ本人達と面会の時間をいただくことになり、そこで改めて正式なご挨拶と、今後の岩見沢開催に向けた野望をチラリとお話させていただく機会に恵まれました。

最後に岩見沢出身ということで、我々も応援したい意思を伝え、あわよくばと岩見沢後援会設置に向けた許可を得る。帰りの道中でもいつ発起人会をやろうか?どうやってやろうか??と話は盛り上がり、9月議会が終了後ぐらいに有志に広く声をかけ実現しそうな感じです。

特に和田さんの熱意は高く、是非まなみーるで単独凱旋ライブを実現しようと意気込んでいるところです。

想いがあれば実現できる。

そんなコトを深く実感しつつ、今日の素晴らしき出会いに感謝!

岩見沢人のみならず、多くの方々に聴いていただき、もっともっとメジャーになっていってくれることを祈っています。今後がとても楽しみです。皆様、RAM WIREの応援、是非ともよろしくお願いいたします。

2 thoughts on “RAM WIREのLIVEへ行ってきました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*