炭鉄港オンライン岩見沢駅周辺編、終了しました。

〈令和3年11月29日投稿〉

昨日、無事に?炭鉄港オンラインの担当配信が終了いたしました。

スタジオナビゲーター役の私も、現地案内人の前野さんも、共にこの様なオンライン生配信は初めての挑戦。その舞台裏を少しだけ紹介します。

スタジオはそらち炭鉱の記憶マネジメントセンターの石蔵内。
動画配信自体はVimeo、課金はteketoというシステムを使用しています。
また、現地の映像はZOOMで繋いでおいて、それとスタジオカメラ、プレゼン用のPCを随時切り替えながらという忙しさ。とはいえ、その操作はオペレーターの松田さんがやってくれるので、こちらは進行に専念するのみ。

せっかくなので、放送開始5分前に撮影したスタジオの様子をご覧ください!

なかなか凄いシステムで配信していることがわかるかと思います。

そして今回の放送!

この様な感じで双方緊張感がありながらも何とか後半へ。
すると元町の跨線橋を渡っているところで、突如現場からの映像が切れる・・・。

「いつ電波が回復するか???」と、想定外にオロオロしながら誤魔化すも現地映像は回復せず。その後、プロデューサー役の吉岡理事長から「バッテリー切れで戻ってきている」というカンペ。

なんと現地中継に使用していたスマホのバッテリーが切れるという大事件でした。

その後、スタジオに戻った前野さんと苦し紛れの会話をしながらエンディングへ。

突然の想定外にオロオロする大人の図を見せる情けない配信となりましたが、生中継はトラブルもつきものですね。今回やってみて初めてわかることが沢山ありました。次回、何ができるか作戦を練らねばなりませんが、必ずリベンジさせていただきます。

この度は生配信をご覧いただいた皆様、誠にありがとうございました。そして、まだ見られていない方に関しては、実は2ヶ月間は録画配信を見ることが可能です。

なんとも私の動揺したオロオロシーンがクライマックスで、あまり見てほしくない気持ちが8割でお恥ずかしい限りですが、もし余力あれば下記リンクよりご覧いただければ幸いです。

https://teket.jp/1800/8259

まぁ、楽しかったです!


この様なツイートもいただきました!
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください