北の盆祭りありがとうございました!から、その後。

〈令和元年8月22日投稿〉

 

一般的にはお盆休みの最終日となる、8月18日(日)の夕方からという集まりにくい日程設定にも関わらず、本当に多くの皆様にお越しいただくことができました。

過去2年間、駅北夏祭りとして開催してきましたが、今回も恒例の内田会長による手書きの横幕作成からスタートです。

168824323_492077478274290_6767954850232664064_n

会場の飾り付けは妻の友人のバルーンアートを趣味としている方が協力してくれて立派なアーチが初登場しました。

baru-n

169087703_3273011622739437_6996655021156728832_n

とても質の高い仕上がりで会場が華やかになります。


そして時間となり、いよいよスタート。

169104077_2276293039351321_3957142464329940992_n

168746821_3273011722739427_1363025674025041920_o

168911314_534888310599282_5979963891994591232_n

心配した日程にも関わらず、用意した席がほぼ埋まるほどの大勢の皆様にお越しいただきことができました。


 

また、会場の外では、後援会役員の仲間達やその助っ人さんたちが、例年よりパワーアップした窯焼きピザや焼き鳥を用意してくれたり、来場した子どもたちを楽しませることができるようなヨーヨーやパン焼き体験等の設えを用意してくました。

168885332_3273012006072732_5721373832476884992_o

168505012_3273012122739387_527051689048408064_o

168467961_416313852349653_3242425314608939008_n

167433994_375512876462830_1159872131786342400_n

168418189_3273012286072704_7100664006485999616_o

おかげさまで大人も子どもも関係なく大賑わいです。

 


 

更に会場の中では、恒例の参加型の設えで笑いの耐えない時間が続きます。

168881108_3273012629406003_5840676595051790336_o

お題の絵を書いて、会場の人達が当てるゲームや、景品を狙ってのじゃんけんゲームなどなど!

169009732_344638153091354_6696398526122819584_n


 

ゲームの合間には踊りや詩吟などの披露もいただき、これまた昨年から恒例の90秒本気のスパーリングのデモも見せていただくことに!

169114523_411619719464490_5717756525120847872_n

この迫力には、会場が唖然として静まるほど!

 

そして最後はあっという間の2時間半。
後援会の乾北支部長に締めていただき閉会。

168596138_386500425392111_1187150482695520256_n

最初から最後まで笑いの絶えない素晴らしい時間となりました。

 

この様なことができるのも、日頃から力を貸してくれる世代を超えた多くの仲間(志民)のおかげです。そしてこの応援してくれているみんなは、決して私自身を市議にするために力を貸してくれているわけではなく、この岩見沢を良くしていくための手法の一つとして、ともに動く仲間として力を貸してくれていると思っています。だから、私が政治に携わるものとしての志を失えば、きっとこんな風には力を貸してはくれはしないはず。

 

この緊張感は私の支えの一つでもあり、自慢でもあります。

だからこそ、私は気を緩めることができませんし、権利闘争や利権のための政治ではなく、純粋な気持ちでまちづくりを推進していくことができるのだとも思っています。

 

その様な意思をもって応援していただける方がこんなにも力強く、そしてそれらに呼応して多くの方が集まってくれる。本当にありがたいことと感じ、気が引き締まる思いです。

 

それらの恩を裏切ることの無いよう、しっかりと努力してまいります。

 


 

ちなみに、この盆祭りの翌日は臨時議会と議会改革推進特別委員会があり、その後、議会改革推進特別委員会の第一小委員会を開催しました。当小委員会の委員長は私が仰せつかったことから、このお盆期間中に資料を作成し、本小委員会にて今後の進行について重要な4つの事項を諮らせていただきました。

 

何とか真の意味で議会改革を推進していきたいと考えています。

 

また、その翌日早朝5時半に家を出て、現在ドイツに来ています。

日本遺産認定を受けた炭鉄港の良き見本となるルール地方で展開されたエムシャーパーク周辺の視察です。当然、100%自費の視察となるため、なかなか苦しいところではありますが、この好機を逃すことなく空知の地域資源を高め、それが岩見沢の底力の向上につながることを信じて学んでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください