岩見沢市開基130年 市政施行70周年記念式典

平成25年10月2日(水)10時より

岩見沢市民会館まなみーる大ホールにて、表記の記念式典が開催されました。

DSC_1294

明治11年、幌内で見つかった石炭を運ぶために、鉄道を敷くための道路が開削される。その時、札幌-幌内間に5つの官営休泊所ができ、その内の一つが現在の北本町にある幾春別川のほとりの「岩見沢発祥の地公園」。(ちなみに、その官営休泊所を譲り受け、岩見沢最初の定住者と言われるのが狩野さん。だからその真ん前の橋の名前は狩野橋。。)

当時、この場所で疲れを癒すために湯を浴びたことから「湯浴(ゆあみ)澤」。それが変化して岩見澤になったというのが岩見沢神社の敷地内に明治時代に建立された記念碑に刻まれている地名の由来。

この由来には他にも諸説あるものの、癒しが語源の地名とは自慢の地名ではありませんか!

Continue reading