福祉に関して。

昨日、私を頼ってきてくれた相談が、たまたま福祉関連で二つ続きました。
一つは90歳近い独居高齢者の件。

勿論、内容の詳細をここで述べることはできませんが、今年に入ってから急に足が弱くなり、先日買い物に出た際に幾度か転倒。たまたま通りかかった複数の女性が乗った車に助けられて自宅まで送っていただいたものの、その玄関前で再度転倒し顔面を怪我。

本日実際にお会いした時も顔に痛々しい瘡蓋がありました。

身内はすべて先立たれ、唯一の身寄りが市内にすむ80歳の弟さんご夫妻。
その自宅間は遠く、車も所有していないため、ただでさえ厳しい老老介護に拍車をかける。

そこで弟さんが市役所に相談をされた様なのですが、ここに残念な食い違いが発生します。

弟さんは介護を含めたヘルパーの依頼・問い合わせをしたところ、本人からの連絡でなければならないと言われ兄へ連絡を入れます。するとお兄さんの方は市役所の担当の方に電話をし、「買い物に行ってくれないだろうか・・」という言葉でお願いをしてしまったわけです。

そうなると市役所の方も、「買い物については市内に弟さんがいるならばそちらに頼んでください」と言われる。これはとても当然の事でして、私が市役所職員でもそう言ってしまうかもしれません・・・。

しかし、現実にはそういうレベルの話ではなく、私が本人に会った時も両足はパンパンにむくんでみえたほどで、日々の生活にも苦労している様子であり、介護認定の手続きを早くしなければ・・という感じでありました。

それを市の担当の方にお話したところ、今後の手続きまでの流れをご説明いただくも、それなりに手間がかかるわけで、病院に行くことすら億劫で行けない90歳近くの元気を失ってしまっているおじいさんに説明しても理解する努力をやめてしまうのは当然。そこで実働は発生せずにフリーズとなることが想像できます(これまでも引っ越し依頼や病院へ行くべき等々の助言、依頼はスルーされてしまっていたようです。)

事実、私がその説明を聞いていても、初めて聞く内容のため何度も確認で聞き直すような状況。担当者にとっては当たり前のことでも、介護を必要とする様なお年寄りにとっては理解するのに相当のエネルギーを要することと想像します。

通常、そういう方への対応は民生委員さんやケースワーカーの方が行うようですが、そういう方々も一人で大勢を対処しなければならないため、きめ細かい対応は難しいことと思われます。

詳細はあまり公にできないだけに歯に衣がかぶった表現ばかりでありますが、確かに、ここに改めて現実社会の怖さと難しさを感じました。

私自身、この【福祉】の分野は恥ずかしながら全くのドシロウトであります。こういった介護の関係は実は初めての対応であり、担当部長にも色々と丁寧に教えていただきつつ、色々と情報交換をしてきた次第。ただ、これからは4人に1人が65歳以上という社会が迫っている中、こういった隠れた事例はもっと頻繁に発生する事と思われます。雪の問題だけではなく、色々と日常生活の中にも問題は山積であります。


また、もう一つは年金の問題であります。

これも昨晩、私に相談に来た方ですが、約3年前にとある年金から別の年金に切り替えの手続きを行い、受理されて今まできています。

すると突然今年の1月30日頃に、3年前の切り替えた月の分が二つの年金から重複して支払われているので、2月15日までに返納してください。と封筒で納付書が送られてきたとのこと。

この年金の切り替えは、母親が亡くなったのを機に取り替えたものなので、葬儀や様々な煩雑な手続きがあった中で、この月に実際に重複して年金が入って来ていたのかどうかもわからない状況。

それがただの紙切れ1枚で僅か半月後までに全額返納せよ。とは異様な話。。

ただ、いくら過ちでも過払いがあった以上は返納しなければならないのは当然であります。しかし、日々の生活にも余裕がない中で、いきなりこの仕打ちは何とも酷であります。

知らない内に大金を強制的に貸し付けられ、その事に気づかずお金を使い切ったら、数年後に「あのとき貸した金、耳を揃えて返してください。」という悪徳商法のようなもの。

送られてきた文書を全て見せてもらいましたが、あまりにも事務的で何の慈悲も反省の空気もありませんでした。

色々と伺った中での落としどころとしては、やむを得ない対応として分割返納という制度があるとのこと。結果としてはそれを使うしかないのですが、いくらなんでも気の毒なお話でありました。


どちらも私が議員という立場を利用してゴリ押しするような性質のものではなく、正規の手続きが踏めるように道筋をつけるものであり、その延長線上にシステムや内容のよりよい進化に対して力を発揮するのが使命であると思っております。

ということで、この福祉関連に関しては得意分野ではないだけに、幅広く知識を蓄えるべく勉強を続けていきます。今回のはとても良いきっかけになりました。

知らない事が山ほどあります・・。

One thought on “福祉に関して。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください