令和4年第2回定例会閉会

〈令和4年6月30日投稿〉

6月13日に開会した定例会もあっという間に終了しました。
何とも忙しい日々で、このブログを更新するエネルギーも失われるほど・・
そんなことではいけないと常々思っているのですが、何とも情けない話です。

といことで、非常に不甲斐ないのですが、少しだけ議会報告の投稿をさせていただきます。
今回の決定事項等は以下の通りでした。

https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/soshiki/gikai_jimukyoku/iwamizawashigikai/2/3/3484.html


条例関係については原案の通り可決。
他に追加議案として人権擁護委員の推薦があり、こちらも原案の通り可決。他には議会から国に対する意見書として4本が可決しています。

補正予算の目立ったものとしては、開会初日に行った先決において、

■子育て世帯生活支援特別給付金事業に1億円
(児童扶養手当受給者等世帯(ひとり親世帯)・非課税世帯等)
■プレミアム建設券事業に3億3,820万円
(発行部数10万セット、プレミアム率30%、使用期間9月~1月(予定))
■小規模事業者等経営サポート事業に7,000万円
(原油価格等高騰の影響を受けている個人又は法人事業者(対象業種あり、約220事業者を想定)
■プレミアム建設券発行支援事業に2,520万円
(当初2回実施を4,200口追加発行し3回目を実施)

とが審議され可決。

また最終日に以下の追加補正予算審議がありました

■子育て世帯生活支援金特別給付金事業
(先決で決定した国制度5万円に道の独自給付1万円を追加)
■学校給食共同調理書運営事業
(食材等の価格高騰の影響により不足する見込みである賄材料費の増額補正:保護者負担を据え置いた上で、学校給食の質を維持)

この追加提案も原案の通り可決となっています。

参考までにこれら補正予算に関しては、本会議(議場)において各所管委員会に付託され、本会議休憩中に委員会質で常任委員会を開催、そこで審査が行われ、その結果を本会議にて報告という手順を取ります。

その際、慣例ではありますが、委員会で反対意見が無かった場合は本会議では簡易採決といって、口頭のみで可決され、もし反対意見等があった場合は賛成者の起立採決により多数決となります。

余談ではありますが、この様な流れとなっています。

「令和4年第2回定例会閉会」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください