議会意見交換会の手法変更について

〈令和2年11月9日投稿〉

11月6日に広報広聴委員会が開催され、新型コロナウイルス感染が拡大し、北海道のステージも3に移行することを踏まえ、その手法を変更することとなりました。

■開催日時は11月13日(金) 18時からで変更なし

■〈当初〉市民参加定員50名 ⇒ 〈変更〉市民参加なし。インターネット中継のみ

■内容は第一部として、以前開催した市民アンケート結果報告と、その内容について市内団体代表者とのパネルディスカッションを行う予定でしたが、団体代表者の直接参加を中止し、事前に文書で回答いただいたものを紹介する形とし、インターネットによるライブ配信及び、録画データの配信を行うこととしました。

■第二部として、ご来場いただいた市民の方やインターネット経由で自由な発言をいただきながらの意見交換会を実施する予定でしたが、市民参加が叶わぬことから今回は中止とし、開催は延期をさせていただきます。

スクリーンショット 2020-11-09 095457


この様な変更となった事情としては、現在の広報広聴委員会の任期が来春までと迫っていることから、開催を延期してもこのコロナ感染の懸念が任期中の春までに落ち着くことは難しいのではないかという思いもあり、であるならば、多くの市民の皆様にご協力いただいた市民アンケートの結果だけはしっかりとご報告するべきではないかとの思いの下、第一部のみのインターネット配信とすることになりました。

また本来メインになるはずの市民との意見交換会につきましては、コロナ感染の状況を注視しながら、いずれ何らかの形で実施を目指すこととしています。

この度の意見交換会にご参加いただく予定だった皆様には、前回から2度目の開催延期ということもあり大変ご迷惑をおかけしてしまいますが、何卒ご理解賜われれば幸いです。

なお、11月13日(金)は18時より、下記URLにて市民アンケート結果報告、並びに各団体等代表者の事前回答のご紹介等を踏まえたディスカッションを実施させていただきます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

https://www.youtube.com/channel/UCjjSzdyAOXBFq_yRLRIS7gg?view_as=subscriber

One thought on “議会意見交換会の手法変更について”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください