胆振東部地震 ボランティア活動について

〈平成30年9月10日投稿〉

この度の地震で最も震度の大きかった厚真町は岩見沢市から車で1時間少々。

よって現在はまだ受け入れの体制が整っていないと思われますが、今後、様々な人海戦術が必要になった際、ボランティアとして向かうことが可能になります。

その様な状況下、週末にいざ向かおうとした際【ボランティア活動保険に加入されていない方の受け入れはできません。】等の規制がある場合があります(無い場合もありますが、当然自己責任で各種保険が必要です)。

このボランティア活動保険は各地の社会福祉協議会で加入できるものです。被災地へ向かう意志のある方は手続きしておくことをお勧めいたします。なお通常、暦上の休日は受付ができません。

*岩見沢市の場合
http://www.iwamizawa-syakyo.or.jp/volunteer#hoken

41478625_995442657305060_5298497030459490304_n

私も本日申込をしてきました。

今回は早来に行きたいと考えております。

というのも、安平町早来にある「はやきたこども園」の園長は”こども環境学会”等でも良くお世話になっている井内さんで、幼児教育の世界では有名な第一人者です。私自身とても多くのことを学ばせていただいており、本年2月にはこれまでのご縁の中で岩見沢市議会議員研修会でも講師としてお話をしていただいた方です。

本日(9月10日(月))より早来の災害ボランティアセンターが稼働し、その副センター長として井内さんが当たられています(こども園園長兼務)。私自身、これまでの恩返しも含め、少しでも力になれればと考えている次第です。

ボランティアや各種支援についてはこちらをご覧ください。
https://www.saigaivc.com/20180908/



ちなみに、私の後援会の幹事長をしてくれているN氏は昨年も富良野市で、、つい先日も広島県でボランティアをしてきたばかり。その時の経験等をfacebookに投稿してくれており、このボランティア活動保険も紹介してくれていました。今回も胆振へ向かうとのこと。

更に、事務局長のY氏は地震発生直後の土曜日には、活動団体内の有志で物資をかき集めて現地に届けるなど、類まれな行動力を発揮しています。

私もその様な仲間の行動に刺激を受けます。

まずは自分の現在の岩見沢市議会議員という役割の中でやるべき事に最善を尽くし、その中で時間をつくり被災地へもなにか出来たらと考えております。またご報告させていただきます。

2 thoughts on “胆振東部地震 ボランティア活動について”

  1. 百餅祭り 中止する事ないんじゃない?
    市の財源の一つでしょう。
    何でも大事とるのもどうかと。
    市長 お祭り やる気ないもんね。

    あと、地震の時の天の川の話 SNSに上げない方が伊井ですよ。
    人それぞれ 地震(前日の台風)の受け止め方が違うし 農家の方は結構ダメージありますからね。
    自分の知り合いの農家に被害がないイコール すべて大丈夫ではないです。
    市議職に慣れてきた時期でしょうが 体制派の中でも 反対意見を言えるホープと思って居ましたが。
    やはり二世 あまちゃんかな?
    厳しい意見スミマセン。

    1. 駅より北の住民様

      ご意見、アドバイスありがとうございます。
      コメント欄にスパムが多く、自動で通知されない仕組みにしているためコメントに気づくのが遅くなって申し訳ありません。

      >百餅祭り 中止する事ないんじゃない?
      >市の財源の一つでしょう。
      >何でも大事とるのもどうかと。
      >市長 お祭り やる気ないもんね。

      これに関しては実行委員会の皆さんが検討を重ね、苦渋の選択をしたものと想像しております。櫓を設置する際の自衛隊さんの協力や、節電の影響、また余震への懸念等々、既に準備をされてきている中で、かなりの議論がなされての決定だと思われます。あくまで市ではなく実行委員会に決定権がありますことをご了承下さい。

      >あと、地震の時の天の川の話 SNSに上げない方が伊井ですよ。
      >人それぞれ 地震(前日の台風)の受け止め方が違うし 農家の方は結構ダメージありますからね。
      >自分の知り合いの農家に被害がないイコール すべて大丈夫ではないです。

      アドバイスありがとうございます。
      これに関しては当初より賛否あるものと覚悟した上でfecebookに投稿しました。大規模停電で各家庭の不安が募っていると思われる中、ふと空の星の凄さを感じることで不安が紛れるのではないかという思い等々がありました。不愉快な思いをさせてしまいましたことお詫びいたします。

      また農家の方々を気遣う言葉が足りなかったこともお詫びさせていただきたく思います。しかし被害が無いとは全く思っていなく、現に知り合いの方々も多く被害を受けております。市内でもハウスは300棟以上が被害にあっていること、また納屋等の建築物も大きな被害が出ていること。そして何より今年は天候に恵まれず、作物の出来に懸念がある中での追い打ちだったことなどは承知しているつもりです。(台風被害に関しては地震の影響もあり、まだ市内の公式な統計数値が取りまとめられていない状況ですが、後日、集計が終わり公表されるものと考えております。その時にどの様な被害が発生しているのか非常に心配しています。)

      >市議職に慣れてきた時期でしょうが 体制派の中でも 反対意見を言えるホープと思って居ましたが。
      >やはり二世 あまちゃんかな?

      色々な見方ができるかと思います。ちなみに自身では体制派とは全く認識しておりません。私の考えとしては市議会に与党も野党もなく、良いものは良い、納得できないものはできないというスタンスを維持しているつもりです。またありがたいことにホープなどという見方をしていただけていたとするならば、非常に烏滸がましく勿体の無い話です。やるべきことをやろうとする中で、世のシステムは想像を絶する複雑さであり、画一的な取り組みでは大きくモノゴトを変えることができません。何事もじわじわとしか変えられない歯がゆさの中で日々葛藤しています。一議員としてはその程度であり、常に力不足を痛感しています。

      あと二世というのは何を指すのか理解できませんが、あまちゃんという言葉はそれこそ甘んじて受けたいと存じます。

      >厳しい意見スミマセン。

      色々な苦難と今後の見通しの懸念があり、一つのきっかけでモノゴトの評価が変わること、また、つい感情的な表現となることは理解できるつもりです。私自身、この様な立場ですから良く遭遇いたします。ただ、お話すればお互いのことが理解できることが殆どですが、この様な文面では難しいことと存じます。また何かありましたら、ぜひ顔を合わせて共に前向きな議論ができたら幸いです。

      長々と返信した割には意を尽くせませんことご容赦下さい。
      どうか今後共宜しくお願い申し上げます。
      この度は誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください