我が家のひな人形裏話?

3月3日(日)ひな祭り。

明日4日(月)から岩見沢市議会平成25年度の第一定例会が開会します。

今日はそんな事から、資料を見たり頭の中を整理していたところでありますが、ここらでちょっと休憩してひな人形ネタでも。(過去に別のブログでも書いたことがあるのですが、再度掲載。。)


我が家の娘が生まれたのは9年前。私も妻もまだ若かりし頃(笑)

初めての娘という事もあり、丸々1日かけて札幌市内を循環して探し回ったものです。とは言え幼子を連れて1日中探し回るともうヘトヘト・・。

でもどうしても気に入ったのが見つからない。

予算も少ないながらも、3段にする?それとも7段にする??と言いつつ、どれも顔の表情がしっくり来なかったりしたものです。そこで視点を変え、何軒か先にみたお店に戻ってから出会ったのがこの親王飾り。

P1010748

親王飾りというお内裏様とお姫様のみのわずか二体の簡素なひな人形でありまして、決して高級品でもないし、シンプルといえばこれほどシンプルなものもないのですが、豪華さより顔の表情を大事にした結果、この表情が妙に気に入って即決。

時代背景的にはお歯黒が当然なんですが、そのお歯黒じゃなくて、ちょっと微笑んだふっくらした優しそうな表情がまた気に入ったものです。

それが・・・

いざ、家に届いて梱包を解いたらお姫様の左目周囲に一本の線傷が・・・。

早速購入したお店に連絡をしたところ、お姫様だけ新しいものを送ってくれることに。

ところが、数日後に届いたお姫様を出してみたところ、なんとも表情がキツくて幸が薄そうなのであります・・・。

それまでは人形の表情がみんな違うなんて思っていなかったのでまさかの展開です。

じっくり見れば見るほど、新しく届いた方がしっくりこない。今度は段々と傷ついたお姫様が我が家の娘とオーバーラップしてしまい何とも気の毒になってきます・・・。

というのも、我がむすめ、、今は髪の毛の中で目立たないけれど、実は生まれた時から頭皮にアザがあって、幼い頃は帽子やらヘアバンドなどのアクセサリーで誤魔化していたりしたもので、見事にそれとかぶってくるわけです。

たかだかそんなキズぐらいでこのお姫様を交換してしまったら、なんか自分の娘も幸せにならないような気がして、結局そのままにして傷のある方を残してもらったのであります。

と言うことで、その年はそのままで初節句のお祝いをさせていただき、無事箱にしまって翌年まで保管。

翌年、また楽しみに出してみると・・・、

確かにあったはずの左目周辺の傷が見事になくなっているではありませんか・・。結局、今も見事に傷無しとなっています。何とも不思議な事があるものです。

P1010776

ということで、これが我が家の愛着あるお姫様であります。
ちょっとふっくらして、表情が幸せそうな気がしませんか?

ちなみに・・・。

お内裏様は、娘が幼いころにオモチャ扱いして頭髪ボサボサの落ち武者のようになってしまった名残があります(汗)

P1010726

そう、後頭部が見事に寝癖満開のような状態であります・・(涙)

これも今年は修理に出そうという話になっており、来年にはちゃんとしたヘアスタイルで登場できる予定です。

今思うと、交換のために送られてきたお姫様は、夫婦だったお内裏様と無理矢理離ればなれにされ、かなり不幸せ真っ直中だったのだろうと思われます。見事にそれぐらい深刻でキツい顔をしておりましたから・・。

それを思うと、多少の傷ぐらいで交換せずに良かったと心から思えるわけです。
お陰で我が家のこのお二人も何の不安もない顔をしております(笑)

あの時のお姫様も、モトサヤにもどってどこかの家庭で幸せな顔をしているでしょうか。。


さて、明日から初の第一定例会が始まります。

まだ机上でしか内容を把握できておりませんが、平成25年度の市政方針、教育行政方針を始め、予算審議等々盛り沢山の内容となります。

その中身については、また後日このブログ上にてご紹介できると思います。

今日はこの後、登山家の栗城さんの講演に出かけてきます!楽しみです。。

6 thoughts on “我が家のひな人形裏話?”

  1. 先日は楽しい誕生会でした。
    ありがとうございます。

    おひな様こと、良いお話しですね。
    まだまだ先のことですが、きっとお嬢さんが嫁ぐとき
    持って行かれるのではと想像してしまいました。

  2. みどりのおじさん様
    コメントありがとうございました!
    そうですね!娘が嫁ぐ時には思い出話と一緒に持って行って欲しいですね(笑)

  3. 本当に素敵なお話です。
    なくなった傷。不思議です。こんなこともあるんですね〜。
    こんなに思われて、娘さんお幸せですね。

    1. 国仲さん、、本当に不思議な話なのですが、見事に実話です。。しかし、我が家の娘はノホホーンと暮らしております(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください